• フリーランスは自由度が高い

    フリーランスは仕事を選んで自分でスキルアップしやすいというメリットがあります。

    会社員の場合は会社に必要なスキルアップをするということなので、それが自分の求めているものや、市場に需要の多いものとは限りません。



    転職を見据えて汎用性の高いスキルを転職しながら身に付けるという人もいるのですが、それなら個人でやっていく方が良いでしょう。


    個人としてもフリーランスの方がスキルアップの流動性がより高いですし、会社としてもスキルアップを理由に転職されるのはあまり望ましくないでしょう。
    契約上としては、会社が市場とは関係なく会社に必要なスキルを身に付けてもらうようにするのも問題ないですし、会社員が自由に転職するというのも問題ないです。
    なのですが、望ましくないことは事実なので、そのようなことをするのであれば最初からフリーランスにして自分で選択していく方が良いでしょう。

    仕事の受託というのもネット上でも可能ですし、できるものからスキルアップしていく道筋というのもあります。



    そもそも必要なスキルの選定などができているのであれば、作業を会社員として会社からもらうのも、個人でもらうのもあまり違いはないでしょう。
    税金のルールなどもネットで調べて知って、手続きを進めることが可能です。



    時間は自由になるのですが、個人の場合は自己管理が必須です。


    起きる時間や寝る時間がばらばらになってくると仕事が進まなくなるので、そこが難しいでしょう。